株式会社コヤマ|会社訪問|東京装身具工業協同組合

会社訪問(第1回)株式会社コヤマ

本駒込あたりの名所

画像をクリックすると拡大します

今回から始まる事務局の会社訪問は組合員の会社近くを散歩しながら会社を訪問するページです。
第1回目は本駒込にある(株)コヤマさんからです。

本駒込は江戸時代諸藩の下屋敷や武家屋敷が置かれまた、明治時代になってからは政官財界人の邸宅が建つ地域となり、このため今でも山手線内での高級住宅地として知られています。

では散歩しながら南北線本駒込駅周辺から(株)コヤマさんまで行ってみましょう。

諏訪山吉祥寺山門

本駒込周辺に寺社が多い理由は。
吉祥寺が1657年(明暦3年)1月に明暦大火により門前町と共に消失し1658年(万治元年)1月の江戸大火(吉祥寺大火)で再度消失した。
その明暦の大火の後に吉祥寺をはじめ多くの寺社がこのあたりに移転したのがその理由。

江戸時代吉祥寺には栴檀林(せんだんりん)といって、曹洞宗の学問所があった。
学寮・寮舎をもって常時1,000人余の学僧がいた。それが現在の駒沢大学に発展。
二宮尊徳、榎本武揚らの墓がある。とても大きなお寺でした。

天祖神社鳥居
本殿

吉祥寺近くに二つの神社があり、その一つが天祖神社です。
主祭神は天照大神、旧村社で駒込総鎮守、創建は文治5年(1189年)別名駒込神明宮

富士神社鳥居
富士塚の上の本殿

もう一つの神社が富士神社
主祭神は木花咲耶姫(このはなさくやひめ)創建天正元年(1573年)
拝殿は富士山に見立てた富士塚の上にある。江戸期の富士信仰の一つ。別名『お富士さん』
初夢で有名な『一富士、二鷹、三茄子』は周辺に鷹匠屋敷があった事、駒込茄子が有名であった事に由来し、ここが発祥の地。

都立駒込病院

鷹匠屋敷跡はがん治療や感染症の科が多い現在の都立駒込病院です。

以上が(株)コヤマさん周辺の名所でした。

株式会社コヤマ

代表取締役社長 小山社長

第1回目の会社訪問は株式会社コヤマさんです。
代表取締役社長の小山社長よりお話をお伺いいたします。

Q御社のスタートは根付けの生産・販売から始まったと認識していますが。
A先代(父)が小間物商社に勤務していた経験から造詣の深かった根付、キーホルダーの企画、生産、販売です。

Q会社の創業は今年で何年になりますでしょうか。
A昭和33年創業なので今年で57年になります。

Q主な製造・販売商品はキーホルダー、根付、ストラップでよろしいでしょうか。
A以前はストラップを前面に押していましたがスマホ全盛のこの時期安定的な需要のあるキーホルダーをトップにしています。

Qでは御社のセールスポイントと今売り出し中の人気アイテムをご紹介ください。
A当社は全国の観光地における物産販売店との取引が多く特に浅草の仲見世商店街で海外からの観光客が日本(地図)をモチーフにしたキーホルダーを購入しているようです。 また、来年の干支(猿)を模したキーホルダーの注文が多いです。

Q今後計画、企画、予定などはどのようにお考えですか。
A従来からのお客様を大切することはもちろんですが、間口を大きく広げて取引先の拡大を図らなければ生き残れません。 そこで当社ではインターネット(HPやブログ)を活用し販路拡大を目指しております。

Q組合に対する要望がありましたらお願いいたします。
A組合HP上での会社紹介、情報の共有化を推進していただけたら非常にうれしいのですが。

Qニュース、特ダネ、情報等がありましたらお聞かせください。
Aマネージャーである奥様からのご意見
「40歳以上でPCやスマホを利用している人と利用していない人の差が見た目の年齢にも影響しているようです。 利用者は好奇心も高まり、情報量も多く生き生きしているように見受けられます。 また、それ以外では趣味を持つこともいいと思います。 私はフラダンスを趣味として楽しんでいます。 これからも仕事以外に自身のブログや趣味のフラダンスを楽しみ充実した人生を過ごしたいと思っております。」



PageTop